• お問い合わせ
  • 052-363-3366
保育士在籍

名古屋市中川区の歯医者 おしむら歯科

  • 夜20時まで診療
  • 駐車場14台完備
  • 荒子駅5分
  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • こども矯正
  • インビザライン
  • 詰め物・被せ物
  • ホワイトニング・デンタルエステ
  • インプラント治療
  • 親知らず外来
  • 金属アレルギー治療
  • 義歯・入れ歯治療
  • 在宅訪問治療
WEB予約24時間受付中

歯科医師・スタッフ紹介

おしむら歯科こども矯正歯科クリニック院長

小さなお子さんや男性歯科医師が苦手な方はお任せください。

こんにちは、おしむら歯科こども矯正歯科クリニック2代目院長押村侑希です。
多くの患者様が歯科医院に抱かれている『歯医者は痛くて怖いから行きたくないなあ』を『歯の調子が気になるからとりあえずおしむら歯科に相談に行ってみよう』に。
当院は昭和56年に私の父である押村進前院長が開院した医院です。
当院は、前院長の『何でも気軽に相談していただける歯科医院でありたい』という信条を受け継ぎ、乳幼児からご高齢の患者様に至るまで地域の全ての患者様のお役に立てる歯科医療を提供させて頂きたいという思いで、お子様をお持ちの保護者様が安心して治療に専念できるような無料託児サービスや、通院困難な患者様への訪問診療、お口のトレーニングを主体とした小児矯正歯科、予防歯科など様々な診療項目と患者様へのサービスを提供させていただいております。
※なお詳しい当院の特徴と診療項目はホームページでご確認ください。
当院に通院して頂いている患者様は時にお口以外のお身体の部位の不調など歯科以外のお悩みも時には相談される患者様も多くいらっしゃいます。そんな『話しかけやすい 気軽に相談しやすい』をモットーにかつ専門的な最先端の歯科医療を提供することを心がけています。
総合的に診療できる体制を整えて歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、保育士、管理栄養士によって構成されていますチーム医療体制が当院にはあります。
まずはお気軽に当院にお越しください。皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしてます。

略歴

  • 南山高校女子部卒
  • 愛知学院大学歯学部歯学科卒
  • 歯科金属アレルギー分野 歯科医師に向け講演講師
  • 現在は小児歯科、矯正を医院では主に担当している
  • 中日新聞Q&A連載中

所属学会・認定医・指導

  • 日本顎咬合学会認定医
  • 日本成人矯正学会会員
  • 摂食・嚥下学会会員

INTERVIEW 押村侑希先生への
WHITE CROSS
インタビュー記事

MY WORK STYLE 
小児矯正を突き詰めて

おしむら歯科こども矯正歯科クリニック
押村侑希先生

今回は、愛知県名古屋市のおしむら歯科こども矯正歯科クリニック 院長の押村侑希先生にお話を伺いました。

押村先生は2007年に愛知学院大学歯学部を卒業後、実家であるおしむら歯科に努める傍ら、中部労災病院にて研修。口腔外科診療に従事しました。

その後、歯科医院の事業継承に携わり、ユニット数4台の医院を一般歯科診療用ユニット8台に加え、小児矯正歯科棟まで拡張(来年にはユニット10台に)。スタッフ数も5名から30名弱に拡大することに成功。

現在は、おしむら歯科こども矯正歯科クリニックとして再建し、毎月1,500人以上の患者さんが通う医院に。特に押村先生の専門である小児矯正は、毎月400人余りの患者さんが通院。現在も常に予約待ちの新規患者さんがいるという、地域でも評判の歯科医院に成長を遂げました。

Career Note

2007
愛知学院大学歯学部 卒業
中部労災歯科口腔外科および市内の一般歯科診療所にて臨床研修
2008
おしむら歯科 勤務
2010
小児矯正治療をはじめる
2014
ブリスベン開業 ジョンフラッター先生に矯正治療を学ぶ
成人矯正歯科学会認定医コース終了
2020
おしむら歯科こども矯正歯科クリニック 院長就任

歯科医師を目指したきっかけ

ありがちですが、父親が歯科医師だったからです。

資格がなく、父の医院の手伝いをしていた母親には、小さい頃から「自分一人でも身を立てられるような資格を取りなさい」と教えられていたので、母親のアドバイスで中高一貫の女子校に中学から進学しました。その学校は女子校でありながら東大や京大の医学部進学を目指すのが当たり前のような環境でした。

校風はとても自由でしたが、最終的に自主自立独立した女性を養成する目的の高校で、卒業生も女性でありながら医師や弁護士、企業の社長など名だたるOGばかり。当然、高校生の頃は理系頭でしたので、私も疑問を抱くことなく医学部を目指していました。

そんな中、高校3年の夏休みに父親から実家の歯科医院をできれば継いでほしいと言われて、はじめて歯科医師になるということを考えはじめました。
また、当時は進学校で私よりもはるかに賢い子たちに囲まれていたので、劣等感を感じることも多く、当然医師の世界では私のような人間はその中に埋もれてしまうのではと考えることもしばしばあり、「自立した女性になるのに、医師でなくても良いのでは」と考えるように。そこで私は歯学部を目指すことを決めました。

そんな状況で、歯科医師に対しての思い入れはさほどなく、とりあえずペーパー試験に受かり、国家資格をいただければいいと思っていたんですよね。しかし、実際に講義がはじまると、手先が不器用だったこともあり、実技部分で不安があって、この先職業人としてやっていけるのかなと学生時代は不安に思いました。

大学生生活は、今考えると資格を取らせてくれる学校なので当たり前なんでしょうが、わりと厳し目の校風で。自由な校風だった中学高校生活とのギャップが苦しかったです(笑)

地元だったので、中学からの同級生たちが近くにいて、すぐに会える環境だったこともあり、春休みなどの長期休暇には、その友人たちと1か月くらいの長期の海外旅行に何回も行きました。部活もゴルフ部に入っていましたが、休みはなにせほとんど海外に旅行していましたので、合宿などもさほど参加してないダメな部員でした(笑)

小児矯正の専門になるまで

研修医時代、口腔外科でオペをする様子

歯科医師になり、まずは口腔外科を教えていただくきっかけが最初にあったので、インプラントの勉強や全身疾患に力を入れて学んでいました。

卒業してからも、上司の先生に教えてもらったりセミナーを受けたりしていましたが、一般的な歯科の知識や全身疾患についての内容がほとんど。矯正の勉強はまったくしていませんでしたね。

しかし、実際に実家の診療所に戻ってくると、患者さんは父と同年代のご高齢の方の割合が多く、新患がすごく少なくて。歯科衛生士も一人しかいない状況でした。

その時に、「そもそも歯科医院を継承するために歯科医師になったのに、このままだと患者さんがいつか途絶えてしまうのでは」と思ったんです。

医院を継承し繁栄させるためには何からアプローチしたらいいんだろうと考え、様々な本を読むようになりました。

また、大学を出てからは学術の勉強ばかりしていましたが、経営の勉強もスタートしました。多くの歯科医師は開業するにもかかわらず、歯科大学では経営は教えてくれませんから(笑)。

その後、女性目線で必要な設備を考え、保育士さんを採用して、託児システムを導入することを決めました。そうすることで子供さんの患者がすごく増えてきて。小児のニーズが増えて、そこから小児の咬合誘導の症例など、小児矯正治療に携わる機会が増えていきました。

実家の診療所は在宅診療もやっていたので、まさにゆりかごから墓場まで、幅広い年齢層の患者さんを診療する機会がありました。

その中で、特に自分の中で興味を持って学びに入ることができたのが、偶然知った「Myobrace(マイオブレイス)」という小児矯正治療だったんです。

Myobraceはオーストラリア発祥の治療法。口呼吸や間違った飲み込み方、間違った舌位などといった、子どもの歯や顎、顔面の正常な発育を妨げている根本的な原因を改善することで、顎を正しく発育させる治療です。

私自身が2度のブラケットによる矯正治療を痛みに耐えて受けた経験があり、永久歯を4本抜歯したのにもかかわらず理由のわからない後戻りに悩んでいたので、この矯正のコンセプトのひとつである『二度と後戻りしない』というフレーズがとても胸に刺さりました。そんな方法があったのかと衝撃を受けました。

もっともMyobraceの歴史は学ぶほど深く、ヨーロッパの機能矯正から治療の流れがあります。実際に治療していく中で、歯槽骨の中で綺麗に歯胚の位置が動くことに驚きました。

その治療を行っている先生に、オーストラリアのブリスベンで開業されているジョンフラッター先生とクリスファレル先生という小児矯正治療の専門医がいらっしゃることを知りました。当時、日本語で学ぶ方法がほとんどなく、どうしても先生方の治療を深く知りたくて、ある日直接メールしたんです。

そうしたらすごく良くしてくださって、それをきっかけに頻繁に海外に行くようになりました。30代前半くらいの時ですね。

ジョンフラッター先生(左)と

そこから日本矯正歯科学会の指導医をされている、マッスルウインで世界的に有名な近藤悦子先生の存在も知りました。近藤先生のお考えも、歯列不正を原因から治すというコンセプト。

私は思いつくと行動が早いので、近藤先生に講演会の後にお声がけさせていただき、気づいたらマッスルウイン勉強会に飛び込んでいました(笑)。

今ではご自宅まで行って教えていただいたり、先生の韓国語の翻訳本の出版記念講演会にソウルまで同行させていただいたりして、どんどん矯正の道にのめり込んでいきました。

近藤悦子先生(左)と

矯正治療を通して、他にもいい師匠たちに出会わせていただき、患者さんも口コミを中心にどんどん増えて、結果的に医院の収益が上がってきたんです。

その結果として一般診療にも良い影響が。歯科衛生士の増員や、管理栄養士の採用、歯周治療の強化など、マイクロエンド、CT、光学スキャナーの導入など、それまでなかなか力を入れられていなかった部分にも力を注げるようになり、歯科医院として当たり前にやらなきゃいけないこともしっかりとやれる医院の体制ができていきました。

また、この学びは、自分自身や医院の成長だけでなく、その治療を受ける患者さんや、医院で働くスタッフたちにもいい影響を与えられたと思っています。たとえば、彼女たちも矯正治療に携わることで、その道の専門家になってきたんですよね。

最近は各地からスタッフさんとご一緒に見学にいらっしゃるドクターも多いので、交流の機会も多く、患者さんだけでなくスタッフたちの活性化にもなっています。

経営改革成功の道のり

20代後半の時には、異業種の経営者が集まる勉強会にも参加していました。父が若い頃から入会していて、地元を知るためにすすめてくれたのがきっかけです。

そこでは経営に関する様々な講座を受けたり、いただいたテーマについて大勢の前で講演する体験をさせていただいたりしました。貴重な経験でした。

その勉強会での学びの中でいちばん得たものは、社員を家族のように大切にし、社員の成長とともに経営者も成長して会社を強くするという考え方でした。

そういった医療以外の業種の方々と交流して学んだことを生かして、当院の核となる”得意分野”を作りたいと思うようになりました。

あとは本を読んだりいろんな医院に見学に伺わせていただいたり、岩渕龍正さんの実践塾にも行きましたよ。基本的にはまずやってみるという精神の持ち主で、何としてでも繁栄させたいという思いがあったので、ありとあらゆる手は尽くしました。

深く考えていないと言われればそうなんですが…(笑)。やってみてうまくいかないことは、その都度協議しながら軌道修正していけばいいという考えなんです。

でも結局は自分自身が得た知識を元に、思いついたアイデアがベースになっているかなと思います。

今の病院の仕組みは、Myobraceの開発者の一人であるオーストラリアのクリスファレル先生が作った仕組みを、私なりにアレンジしています。

海外で作られたシステムなので、当院に通う子供さんたちが矯正治療に対してやる気を出してくれるにはどうしたらいいかを追求して、今の形に変化させてきました。

医院の経営改革に乗り出すことを決意した時から、ここまで成長させるまでに7~8年くらいかかってます。私の場合、医院継承ですので、古きを大切にしながらやってきました。急激に変化させることは簡単ですが、それではスタッフも患者さんも驚いてしまいます。

最近では、「スタッフさんがとてもいきいきと働いていらっしゃいますね。どうしたら先生のクリニックみたいになれますか?」と聞かれる機会がすごく増えました。とても嬉しいお言葉です。

私自身まだまだですし、同じやり方を実践したとしてもうまくいくかはわかりませんから、アドバイスって難しいんですが…(笑)。

私にとってスタッフさんたちは家族同然の存在。そのため、クリニックではスタッフみんながいきいきと働くためのサポートに徹することにいちばん力を入れています。

それから、今歯科医の世界では、小児矯正のムーブメントが起きているように感じます。

しかし、実は小児矯正はものすごく奥が深く、学べば学ぶほどやらないといけない勉強が増えていきます。もしこれからトライしていこうとお考えの先生方には、学びに対しての情熱を持ってトライしてほしいですね。

ただ片手間で収益のためだけに小児矯正をやろうという気持ちでは、続けていくことはとても難しいと思いますし、私と同じやり方を実践したとしても、そこに対する”思い”がないと、絶対成功できないと思います。

睡眠医学や耳鼻咽喉科、遺伝子、発達発育…私自身もまだまだ勉強中ですが、やればやるほど様々な分野のトップランナーの先生方との出会いも交流もありますし、何より患者さんに幸せを届けられるのが私の幸せになっています。

根本原因から歯並びを治したいと思って診療していますから、歯並びが良くなってさらに風邪を引きにくくなりましたとか、集中力が良くなりましたとか、鼻づまりが治りましたといったお声をいただくと、私も患者さんのお子さんや親御さんたちと一緒に喜びを分かち合えます。

今後の目標

世代交代です。

もともと父がチェア3台で始めたクリニックですが、今ではチェアは10台まで増え、小児矯正専用の別棟もある状況です。

先日、自分が決済権者になりましたので、さらに改革に乗り出したいという気持ちがあります。

自分の同級生で、学生時代からとても優秀だった先生たちが子育てから復帰するタイミングに、当院で一緒に働いてくださっています。信頼の置ける同級生だけでなく、当院は他にも優秀な先生方に働いていただいています。

歯科雑誌でダイレクトボンディングのレクチャーをする勤務医の先生も在籍いただいてます。成人矯正の専門の宮島悠旗先生は本もご出版されているような方で、皆さん立派な先生ばかりです。

分野によっては私よりも卓越した先生方に多く在籍していただいているため、分野を細分化し、歯科医師同士で力を合わせる。これが当院の今の形です。

これからはさらに細かく分化し、今もはじめている管理栄養士による食育講座などにも、さらに力を入れて行く予定です。

これからの女性ドクターへ

クリニックのスタッフと

女性ドクターは、ご両親のどちらかが歯科医師であることが多いと思います。

そうすると、自分の実家の医院をどうするのかと、結婚出産で一生続けていけるのか、家事と両立できるのかなど、一度はみんなこの問題にぶつかるんですよね。いまだに悩みが尽きないです。

私は、女性の仕事の“協力者”を見つけることが上手なんです。

管理栄養士は田中美智子先生という乳幼児期の食と栄養の専門家に来ていただいているし、歯科衛生士は、全国で活躍する黒川綾さんが相談役。定期的にスタッフ研修に来てもらったり、マナー研修は、黒川さんに紹介してもらった歯科専門の接遇講師の久保先生にやってもらっています。

様々な分野のスペシャリストの先生方に、はるばる名古屋までお越しいただき、お力をお借りしています。

私生活だと、料理は基本的に毎日自分で作っていますが、たとえば自宅の掃除は家政婦さんのお力をお借りしています。職場でも先生方やスタッフの子たちに助けてもらったり、彼女たちは彼女たちで新しい仲間を連れてきてくれて。そういう方々にすごい助けてもらっているんです。

歯学部卒業生の半分が女性でも、実際に現場に出る人が少なければ、歯科医師は不足したままです。

自分だけでやれることには限りがあるので、人に頼ることはすごく大事です。女性ドクターには女性ドクターなりのやり方で、クリニックを成長させる方法があると思います。

WORK STYLE

  • 6:00

    起床

  • 7:30

    出勤、診療準備

  • 8:30

    朝礼

  • 9:00

    診療開始

  • 19:00

    診療終了

  • 20:00

    帰宅
    買い物、夕飯の支度

  • 21:00

    ジム
    夕飯

  • 23:00

    就寝

仕事の日は、フルタイムで診療にあたっています。クリニックには1日あたり100人以上、毎月400人以上の小児矯正の患者さんを全ドクターで診ていますね。お昼休みには来客の対応やスタッフとの打ち合わせを行ったり、往診に出ることもあります。

診療終了後は定刻ぴったりにみんなが帰れるように、テキパキと片付けや翌日の準備をしています。

オフの日は朝からジムにトレーニングに行ったり、ゴルフに行ったり、友人と食事したりもしています。

最近は、コロナの影響で旅行や出張がほとんどないので、ゴルフのプロコーチについて毎週練習しています。

また、医院の事務作業や講演のスライド製作も休日にしています。

休日は趣味の釣りにも

おしむら歯科こども矯正歯科クリニック理事

敷居が高くない、気さくに相談できる歯科医師でいたいと思います。歯科医師臨床研修指導医 押村 進

私の父はもともと歯科医師ではなくミシン屋を経営していました。最初、歯科を開業時は「まだ早い」と反対にあいました(笑)私はどうしても開業をしたくて当時、父とたくさん話をし、どんな歯科医師になるのか、どんな歯科医療を提供するのかを懇々と考え実践すると決め、現在に至ります。その時の言葉が今でも診療をする上で大切な軸になっています。
「歯科をやるんだったらちゃんとやれ、患者さんが腰が痛いといったら、その話もちゃんと聞け!」
ちょっとしたことでも気軽に話せるようになる関係というのは、実はとても大切なことだと日々診療をする上で感じることです。

出来る限り患者様に、費用的・精神的・肉体的に負担が少なく、全身的に考えた歯科医療を目指し、ちょっとした何気ないことでも気軽に相談できるよう心がけています。今後も地域の皆様に役立つ歯科診療を行っていきます。

略歴

1979年 愛知学院大学卒業、元藤田保健衛生大学/皮膚科客員講師、歯科医師臨床研修施設

所属学会、認定医、指導医

  • 日本口腔外科学会
  • 日本口腔科学会
  • 日本接触皮膚炎学会
  • 日本老年歯科学会
  • 日本アンチエイジング歯科学会認定
  • 日本障害者歯科学会
  • 中部形成外科学会
  • 日本口腔ケア学会
  • 歯学博士(口腔外科学)

その他

  • 介護支援専門員
  • ケアマネージャー資格有
進院長の小部屋はこちら

おしむら歯科こども矯正歯科クリニック副院長

鈴木 里奈 Rina Suzuki

おしむら歯科こども矯正歯科クリニック副院長の鈴木里奈です。私自身とても怖がりで、歯医者は大嫌い。自分が治療を受けている人だと思いながら少しでも不安を取りのぞきお子様にも大人の患者様にも歯科医院に通いたくなるような診療を目指してします。
双子の母でもあるのですが、3歳でバリバリの名古屋弁を喋り合っている2人を見ると、周りの環境の影響力はすごいなぁと実感しています。
言葉だけではなく、食生活、家庭環境はそのままお子様たちの習慣として身に付いてきます。
幼い頃の間違った習慣はむし歯のリスクを高めるだけではなく、歯並びや全身疾患にも繋がっていきます。
患者様一人ひとりに適切なアドバイスと治療のできる身近なかかりつけ歯科医になれたらと思っています。
おしむら歯科が力を入れているマイオブレイス矯正。誤った口腔習癖を正してあげることで、顎の成長を促し全身の健康も手に入れることができます。
努力した子供たちの顎の成長、歯の動きにはいつも驚かされています。
マイオブレイス矯正を通じて子供達の健康な笑顔を増やせたらと思っています。

略歴

  • 2007年

    愛知学院大学歯学部卒業

  • 2007年

    愛知学院大学歯学部附属病院にて臨床研修

  • 2008年

    岐阜県内の歯科医院にて勤務

  • 2008年

    愛知県内の歯科医院にて勤務

  • 2019年

    おしむら歯科にて勤務

Interview

Q.歯科医師を目指した理由を教えてください。
A.父が歯科技工士をしており、幼少の頃から身近に歯科医療との接点があり、自然と関心を抱いた。「歯は全ての健康の入口」と言われるほどで、携わる人を健康にすることにやりがいと魅力を感じたためです。
Q.おしむら歯科で働くようになったきっかけはなんですか
A.育児中仕事復帰を考えていた時に、同級生だった院長に声をかけてもらったことがきっかけです。小児機能矯正に興味があり、間近で学べるチャンスだと思いました。
Q.実際に働いてみて職場の環境や待遇はいかがでしたか?
A.とにかくセミナーなど可能な限り受けさせて貰えます。子育て中ですが、仕事に集中できるよう様々なサポートがあります。(院内保育、シッター、保育料補助など)また、スタッフのモチベーション向上に繋がるようなことを積極的に取り入れてくれる職場です。
Q.どんな時にやりがいを感じますか?
A.「痛くなかった」「キレイになった」と患者様の笑顔を見ると、力になれてよかった、この仕事に就いて良かったと思います。
Q.求職者の方へメッセージをお願いします。
A.患者様の年齢層が幅広く、様々な治療が経験できると同時に、矯正、金属アレルギー、口腔外科など専門性の高い分野を習得されているドクターが在籍しており、多くのことを学ぶことのできる医院です。

歯科医師

安藤 雄基 Yuki Ando

おしむら歯科で勤務させていただいている、歯科医師の安藤雄基と申します。
私は、子供の頃から絵を描くことやプラモデルを作るのが好きで、歯科医師という職業は手先を使い、患者様のお口の健康を守る正義の味方というイメージがあり、それに憧れ、中学生のときに歯科医師になると決め今に至ります。
歯科医師になってからは、この職業は自分にとって天職だと言い聞かせ、常に患者様に喜んでもらえる治療をするにはどうすれば良いかだけ考えて、がむしゃらに働いてきました。
むし歯一つ、キレイにできるだけ元通りに治してあげたいという情熱をもち、出会った患者様一人ひとりに寄り添う診療スタイルが私の持ち味だと思っています。

略歴

  • 2013年

    愛知学院大学歯学部卒業

所属学会

  • 日本審美歯科学会
  • 日本成人矯正歯科学会

Interview

Q.歯科医師を目指した理由を教えてください。
A.私は絵を描いたり、物をつくることが好きで、手先を生かした職業に就きたいと小さい頃から考えていました。中学生の時、自分なりに出した答えが歯科医師でした。
Q.おしむら歯科で働くようになったきっかけはなんですか
A.大学生の時、いくつかの歯科の専門分野の中で、小児歯科に興味がありました。歯科医師として何年か働き、様々なことを学んできましたが、やはり小児歯科は面白く、自分にとってやりがいのある分野だと臨床を通じて実感できました。ちょうど転職を考えていた時小児矯正に力を入れているおしむら歯科を紹介された時運命を感じ、転職をさせていただきました。
Q.実際に働いてみて職場の環境や待遇はいかがでしたか?
A.院長をはじめ、おしむら歯科で働いているスタッフ全員が明るく元気に働いている姿がすごく素敵で、医院に来るたびに良い環境で働かせてもらっていると実感できることが嬉しいです。待遇に関しては、特に言うことはありません。これからおしむら歯科にできるだけ貢献ができ、それを評価していただけるのかが楽しみです。
Q.どんな時にやりがいを感じますか?
A.患者様に感謝された時が一番やりがいを感じます。
Q.求職者の方へメッセージをお願いします。
A.矯正治療だけではなく、補綴治療、保存治療や口腔外科など幅広い分野を学ぶ良い環境が整っています。多くのスタッフとコミュニケーションを取りながら、楽しく働ける数少ない歯科医院です。興味がある方はぜひ見学にいらしてください。

歯科技工士

  • 歯科技工士 新田 明広
  • 歯科技工士 三浦 大輔

当院ではより良い技工物(被せ物や詰め物、入れ歯等)を患者様へ的確に早くご提供できるよう、実績を多く積んだ優秀な歯科技工士が在籍しております。歯科技工士と歯科医師が連携をとることでより完成度の高い技工物をご提供しています。

歯科技工士インタビューはこちら

保育士

奥村先生

おしむら歯科で働いていて印象的なエピソードは?

お母さんから「子どもが楽しそうに遊んでいてよかった」「保育士さんがいて安心して治療をうけられていいですね」など有り難いお言葉をいただき、こちらも嬉しくなりました。

滝先生

おしむら歯科で働いていて印象的なエピソードは?

ご予約時に「何曜日にいらっしゃるのでしょうか?その日に併せて予約をいれたいので」と言っていただいた時は安心して任せられる保育士だと認められたようで本当に嬉しかったです。

  • 私たちが大切にしていること
  • 手足の症状でお悩みの方へ
  • 矯正治療
  • 10年保証のインプラント
  • 進院長の小部屋
  • おしむら歯科ブログ
    • 採用のご案内
    • フェイスブックページへ
ページトップへ戻る